スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本屈指の聖地へ ~ 伊勢神宮 産業の守護神 豊受大御神 ~


こんばんはm(__)m

今日は家族旅行の続きで伊勢神宮に参拝した様子をご紹介!・・・・・なんですけど、まずは高速で食べた朝食から~

刈谷PA 外観

駿河湾沼津SAをあとにして、次に朝食を食べに寄ったのが刈谷PA(刈谷ハイウェイオアシス)です。

刈谷PA 地図
(刈谷PA紹介ページより拝借)
刈谷PAは伊勢湾岸自動車道から直接行けるのは勿論、一般道路からも利用が出来る少し珍しい(のかな?)PAですね。

刈谷PA 施設内地図

というのも、上の画像を見ていただけると分かりますが刈谷PAは天然温泉とか観覧車なんかがある施設なんです。だから一般道からも利用できるようになっていて、「ハイウェイオアシス」という名称がついているのでしょうね。

刈谷PA 内観

施設内は横に広い感じで、天井の四つ葉のクローバーのようなデザインがポップで可愛いですね(*^_^*)

刈谷PA 朝食 引換券

まだ朝の7時で、うどんや定食のお店しか開いていませんでしたので私は朝定食にしました。

刈谷PA 朝定食

「朝定食」(税込600円)
10分ほどで完成~!なかなか品数が多くて、好い感じですね。味は突出するところはありませんが、全体的にほっとする味わいでした(*^_^*)

高速道路 案内板 伊勢へ

刈谷PAを後にして、日本屈指の聖地「伊勢神宮」へいざ参る!

伊勢神宮 地図
(「伊勢神宮」より引用)

伊勢神宮は正式名称は「神宮」です。神宮とは、伊勢の山田の原に御鎮座の外宮(げくう)・豊受大神宮と伊勢の五十鈴川のほとりに御鎮座する内宮(ないくう)・皇大神宮の総称になります。内宮と外宮の間は4kmの距離があって、参拝するのは一日かけるつもりでお参りしましょう!!

・・・ちなみにあとから分かりますが、私は一日かけられませんでした(T_T)

豊受大神宮 火除橋

神宮は外宮・豊受大神宮から参拝するのが習わしですので、まずは豊受大神宮へ参りました。

豊受大神宮 火除け橋

こちらは火除橋です。本当は表参道火除橋が入口になっていますが、駐車場の関係でこちらから入らせていただきました。外宮は左側を通るのが決まりです。また、真ん中は神様が通る道ですので通らないようにしましょう。これは内宮も同じです。

豊受大神宮 北御門鳥居

緑が多く、非常に神聖な空気に包まれています。以前、明治神宮を参拝したことがありますが、伊勢神宮と同じく緑が多く非常に似ていました。明治神宮も明治天皇をお祀りしているそうなので、天皇家が関係するお宮は緑を多くする習わしなのかもしれませんね。

豊受大神宮 正宮 

豊受大神宮 正宮

少し行くと正宮が見えてきます。豊受大神宮の正宮は、天照大御神のお食事を司る豊受大御神(とようけのおおみかみ)をお祀りしています。この鳥居の先は撮影厳禁です。

豊受大御神は衣食住の恵みをお与えくださる産業の守護神です。今から1500年前に丹波国から天照大御神のお食事を司る御饌都神(みけつかみ)としてお迎え申し上げたそうです。「御饌都神」とは神々に奉る食物を司る神ということです。正宮の中にある御饌殿では毎日朝夕の2度、天照大御神に神饌(お供物)を奉る祭事が御鎮座以来1日も絶えることなく続けられているそうです。

豊受大神宮 別宮への石段

豊受大神宮と皇大神宮には正宮とは別に「別宮」とよばれる建物があります。これらは正宮の「わけみや」という意味で、正宮に次いで尊い宮のことです。豊受大神宮には4か所、皇大神宮には10カ所あります。

豊受大神宮 多賀宮

まず最初に参拝するのは「多賀宮」(たかのみや)です。御祭神は豊受大御神荒御魂(とようけのおおみかみのあらみたま)になります。多賀宮は正宮が創立されたと同時にお祀りされた宮で、別宮の中では一際格式が高く、第一別宮として特別の待遇をうけています。由緒は定かではないようですが、20年に一度行われる式年遷宮と同じ年に祭事が行われるためその重要性は容易に推察できると伊勢神宮のHPにも書かれています。ちなみに「荒御霊」とは、神様がお怒りなられた荒ぶる魂のことで様々な天変地異や疫病を起こすといわれています。

豊受大神宮 土宮

次に参拝するのは「土宮」(つちのみや)です。御祭神は大土乃御祖神(おおつちのみおやのかみ)をお祀りしています。土宮は古代において官社の形態を有しておらず、平安時代末期に末社・摂社を越えて別宮という地位をお受けになりました。どうやらこれには特別な理由があったようで、現在の伊勢市の西を流れる宮川という川が幾度も氾濫を繰り返していたようです。当時は治水技術も発達していなかったため、人々にとって土地の守護を司る大土乃御祖神への祈りは大切だったそう。また、伊勢神宮の祭事に際しても川が氾濫してはいけないとの理由もあり、別宮への昇格を受けられたとのこと。

豊受大神宮 風宮

こちらは「風宮」(かぜのみや)です。御祭神は級長津彦命(しなつひこのみこと)と級長戸辺命(しなとべのみこと)で、元来農耕に適した風雨をもたらす神様です。しかし、1281年の元寇の時に朝廷の勅使として派遣された使者が風宮へ祈祷を行ったところ、日本に押し寄せた元軍が退却したという。これを神風による勝利とし、これ以降は国難に際してご加護により国家の平安をもたらすという信仰が加えられました。

豊受大神宮の境内にある別宮は「多賀宮」「土宮」「風宮」の3つで、この順番に参拝するのが古来からの習わしだそうです。あと境外に「月夜見宮」(つきよみのみや)があったのですが、時間の関係で参拝することができませんでした。次になるのは何時かわかりませんが、今度参拝したときに必ず行こうと思います。

ということで、今日はここまで!グルメが少なくて申し訳ありません。見ていただいた方、ありがとうございましたm(__)m

次はいよいよ日本の総氏神・天照大御神が御鎮座する皇大神宮へ!また、おかげ横丁という観光名所も回ったのでそこもご紹介します!


[訪れた場所]
伊勢神宮 外宮・豊受大神宮
刈谷パーキングエリア(刈谷ハイウェイオアシス)

[リンク]
伊勢神宮HP
刈谷ハイウェイオアシス 紹介ページ
スポンサーサイト

| ポタしてグルメ発掘!!ホーム |

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://syou0991.blog.fc2.com/tb.php/218-1a99a3e5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)
▲TOPへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。