スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こだわりが詰まった焼きそば ~銀座アスター 金町店~


こんばんはm(__)m

今日は寒かったですね~!いままでは「風があるから寒いね」だったのに、今日は外に出た瞬間に「空気が冷たかった」ですよね。大寒は暖かかったのに、大寒の翌日が今季最高に寒いというのは季節が人に向けた笑いですね^m^

ということで、本日は前回の予告通りに銀座アスターの記事です。


銀座アスター 金町店 外観
こちらは銀座アスターの金町店さんです。
みなさんは「金町」という町をご存知でしょうか。もしかすると寅さんで有名な柴又の帝釈天に行くための経由地としてご存知の方もいらっしゃるかもしれません。金町は東京都葛飾区にある町名のひとつですが、その歴史は古く古墳時代から拓かれていたということなんですね。

私は子供の頃に父親と一緒に金町の近くにある「水元公園」に遊びに行っていました。少なくとも月に3~4回は・・・。ちなみに水元公園は都立公園で、都内において水郷の景観を持った唯一の自然公園なんです。

また、前回も書いたと思いますが「銀座アスター」は私の母が学生時代によく通っていて、金町店さんは私が初めて母に連れられて訪れたお店です。

そのため「金町」という町は、母と父と私の思い出が詰まった懐かしい所なんです(*^_^*)


 銀座アスターは沢山の支店がありますが、それぞれがその町にあった特徴があるんです。金町店さんの特徴は「銀座アスターの店舗の中で最も地域の方と密接につながっているお店」だということです。私が利用した日は日曜日だったのですが、お昼時は家族連れの方やお一人で利用されている方で大変賑わっていました。高級なイメージのある銀座アスターですが、金町店さんは非常に親しみ深い雰囲気です。

銀座アスター 焼きそば1
「焼きそば」(1300円)
今回、私が頼んだのは焼きそばです。メニューには「焼きそば」としか書かれていませんが、実際には「あんかけ焼きそば」と呼んだ方が分かりやすいです。

銀座アスター 焼きそば 拡大
具材は白菜、しめじ、タマネギ、ほうれん草、エビ、焼き豚となっていて、それぞれが艶々と光っています(^o^)
野菜たちはシャキシャキとした新鮮さを失わせないように中華の強力な炎によって素早く炒められています。そのため生の風味と火を通して出た甘さが合わさった旨味があり、とても美味しいです。

油を多く使う中華は油っぽさが目立つこともありますが、そこはレモンを回しかけることによってさっぱりといただけます。

銀座アスター  焼きそば4
銀座アスターの麺は2種類の小麦粉に卵液、荒塩、かん水を加えて作り、出来立ての麺は低温で寝かして熟成させた自家製麺!!口に入れると麺一本一本の存在が分かるほどしっかりとしているのに、噛んでみるとふわりとした食感は他のどの中華料理屋にもない不思議な感覚です!

銀座アスター 焼きそば2
海老は3尾入っていて、プリプリ!(●^o^●)

銀座アスター 焼きそば3
焼き豚は1枚に見えますが、2枚入っています。ありきたりな言い回しで大変申し訳ありませんが、噛めば噛むほど旨味が出てくる一品です。


銀座アスター 看板
ごちそうさまでしたm(__)m

焼きそばは初めて頼みましたがとても美味しかったです。いただいてみて、銀座アスターの焼きそばは具材一つ一つが味わい深いと思いました。

「白菜がシャキシャキしていて野菜本来の味わいがある」
「焼き豚は噛み締めるほど味が出てくる」
「自家製麺は他にはない独創性に溢れた食感」

これら全てが合わさった「焼きそば」という料理はさらに美味しくなっています。食べていて発見の多い料理って楽しいと今回は学ばせていただきました。

てな感じで、今日はここまで!ありがとうございましたm(__)m


[訪れたお店]
銀座アスター 金町店
東京都葛飾区東金町1-36-1 東急ストア2F
営業時間:【平日】11:00~21:30(L.O.20:30)/【土日祝日】11:00~21:30(L.O.21:00)
定休日:年始
TEL:03(3609)0961
FAX:03(3609)0982
備考:平日と休日でラストオーダーの時間が異なります
リンク:銀座アスターHP

地図
銀座アスター 金町店 マップ
スポンサーサイト

| ポタしてグルメ発掘!!ホーム |

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://syou0991.blog.fc2.com/tb.php/181-dbca9ac9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)
▲TOPへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。