スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なんとも素朴なエビピラフ! ~とんまつ~


こんばんはm(__)m

先日の日曜日にNHKスペシャルでとても面白い番組が放送されていました。番組名は『カラーでよみがえる東京 ~不死鳥都市の100年~』です。今でこそ映像はカラーが当たり前の時代になってしまいましたが、映像が記録できるようになった当初は白黒から始まりました。私たちは明治・大正・昭和といった歴史は学校でも習った通り激動の時代だと認識しています。しかし、私たちにとってそれはどうしても過去のことであって「こんなことがあったんだなぁ~」といった客観的な立場にならざるを得ません。

今回の番組では当時記録された白黒の映像に最新のコンピューター技術とトップのクリエイター、そして歴史資料・もしくは歴史史料によってカラーで復元を試み、これまでの東京の100年の歴史を振り返って行こうというものでした。・・・・私は番組を見た時に大変驚きました。白黒がカラーになっただけで、これだけ現実味が出るものなのかと。もちろんNHKの番組構成が見事なのかもしれないけれど、100年前の映像をカラーで見た時の感動、悲しみ、哀愁さ、そして当時の人々はなんという健気な生き方をしていたのか。鳥肌が立ちました。そして、東京しいては日本という国の歴史は成功や失敗、すべてを含めて素晴らしいなと思いました。

NHKオンデマンドを見られる方は是非ご覧になってみてください。

リンク:NHKスペシャル『カラーでよみがえる東京 ~不死鳥都市の100年~』


本日の記事は小岩で伺った、まさに昭和の洋食屋です。

レストラン とんまつ 外観
「CAFE&レストラン とんまつ」さんです! 
小岩の商店街を歩いていた時にふと路地を見たら「CAFE&レストラン」というのが目に入ったので入ってみました!

とんまつ メニュー1

とんまつ メニュー2
メニューはこんな感じ。目を通してラインナップを見てみると昭和の洋食屋さんといった感じですね(^o^)

とんまつ エビピラフ
「エビピラフ」(700円)
単品でエビピラフを頼みました。店内からキッチンが見えるんですけど、シェフの見た目が頑固そうな親父さん!なんだが洋食よりも天麩羅や蕎麦が似合いそうな感じな方です。そんな方が作ったエビピラフ、果たして・・・。

とんまつ エビピラフ拡大

とんまつ エビピラフ持ち上げ
パクッとな!うん!とても素朴な味わいです(*^_^*)バターの効いた少しコッテリとした感じですが、なんだか安心できる間違いのない味といった印象です。芝エビ(でいいんですかね?)の数がものすごい多い!エビピラフといってここまでエビが沢山入っているものは初めてです!20個くらい入ってたんじゃないですかね。こういうピラフは嬉しくなっちゃいます(●^o^●)

とんまつ 珈琲
食べ終わる頃になると、お店の方がコーヒーを持ってきてくれました。メニューを見ると全てのメニューにコーヒーが付くとは書いていなかったので少し戸惑いました。日替わりランチはスープ・コーヒー付とは書いてあるんですけどね。でも、なんかラッキーな感じがして嬉しかったですよ(笑)それにコーヒーの味が専門店で出るように美味しかったので、それも驚きました!


お会計を済まして出ていこうとしたらドアの前に猫がいました(笑)

とんまつ 猫2

とんまつ 猫1

とんまつ 猫3
どうやらとんまつさんで飼われているようで、お昼を待っているみたいでした。人が出入りして扉が開いても中に入れないでじっとしていたので「偉いなぁ~」と感心しました(^u^)

こういったのどかな雰囲気をもつ昭和な洋食屋「とんまつ」さん。小岩に行ったときには訪れてみてはいかがでしょうか。

てな感じで、今日はここまで!ありがとうございましたm(__)m


[訪れたお店]
CAFE&レストラン とんまつ
東京都江戸川区南小岩7-13-9
営業時間: 11:00~21:00(ランチは14:00まで)
定休日: 火曜日
TEL:03(3673)3850

地図
とんまつ 地図
スポンサーサイト

| ポタしてグルメ発掘!!ホーム |

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://syou0991.blog.fc2.com/tb.php/163-5e0f5a92
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)
▲TOPへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。