スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新橋をお散歩!ランチは新橋で知らない人はいない「あの」超有名洋食店!!


こんばんわm(__)m

今日は友人が新橋にある愛宕(あたご)神社へ御朱印をいただきに伺うということで一緒に同行してきました!

愛宕神社 入口
愛宕神社は慶長8年(1603年)に徳川家康公の命令で防火の神様としてまつられたそうです。建立後、三度の焼失と二度の再建を経て現在に至っています。

愛宕神社 出世階段
愛宕神社は標高26メートルの愛宕山山頂にあり、自然の地形がそのまま残っているんです。自然の地形としては東京23区の中で一番高いそうです。

目の前にそびえる階段は「男坂」。別名「出世の石段」という名がついています。この由来は講談「寛永三馬術」の中の曲垣平九郎(まがきへいくろう)の故事にちなみます。面白いので、下に一部要約を載せました。読んでみてください。

時は寛永11年、江戸三代将軍徳川家光公が増上寺を参詣した帰りに愛宕神社の下を通りました。

折しも季節は春。愛宕山の梅は満開で、それを見た家光公は部下たちに「馬に乗って梅を取ってこい!」と命じました。しかし急勾配の石段を馬で登るのは危険極まりなく、部下たちは全員下を向いていました。

そんな部下たちに家光公の怒りが爆発しそうになったとき、ある人物が石段を登り始めます。

「あの者は誰だ」

「おそれながら、あの者は四国丸亀藩の家臣で曲垣平九郎と申す者でございます」

「そうか。この太平の世に馬術の稽古怠りなきこと、まことにあっぱれである」

平九郎は馬で山を登り、見事に梅を家光公に献上しました。
平九郎は家光公より「日本一の馬術の名人」と讃えられ、その名は一日で全国に轟いたと伝えられる。

(愛宕神社HPより引用、一部要約)

実際に行くとわかりますが、本当に急な石段です。馬に慣れた人でもうまく操らないと簡単にひっくり返ってしまいます。その石段を臆することなく登ってしまう人がいたのであれば、それは名声を得ないはずがないですよね。そういう意味で「出世の石段」と呼ばれるようになったんですね。

愛宕神社 出世階段頂上から
上から下を見るとこんな感じです。足で降りるのにも少し恐怖感が湧きました(@_@;)

愛宕神社 狛犬と階段
「出世の石段」の隣に「女坂」と名が付いた石段もあります(多分、この石段で合ってると思います)が、こちらの方が段数が多いので疲れるかもしれませんね(笑)
でも、途中に中華料理屋があるそうで、お昼を食べても良いかもしれませんね。

愛宕神社 鳥居
石段を上がりきると愛宕神社の入り口になります。この鳥居は「一の鳥居」というそうです。

愛宕神社 本殿
本殿に続く「丹塗りの門」。ほおづき市のときには茅の輪が作られ、それをくぐると禍を避けることができると言われています。

本殿ぼかし背景、アジサイアップ
本殿を写すのはあまり良くないということで(上の写真でほとんど写してしまっているけど…)、近くに咲いていた今が季節の花アジサイにピントを合わせて、背景に本殿をぼかしてみました。丁度、お参りしている人も写ってますね(^_^メ)

ちなみに、このアジサイの咲き方は「ガク咲き」といって中心に両性花、周りに装飾花があり、アジサイの最も基本的な形だそうですよ。種類は西洋アジサイの「ブラオマイゼ」かな。。。

愛宕神社 猫
本殿横の社務所に猫がいました。なんか笑っているみたいで可愛いです(#^.^#)

神社自体はさほど広くないですが、とても風情がありました。東京の中心とは思えないくらいに緑が多く、癒されます。近くに無料で入館できるNHKの「放送博物館」があったりもして、意外と見どころが多いので1日を使ってみても良いかもしれません。

リンク:愛宕神社HP


では、今日のお昼に参りましょう!

新橋はさまざまなジャンルのお店があってよりどりみどりなんですけど、今回は「新橋の洋食と言えばここしかない!!」と言っても過言ではないほど有名なあのお店に伺いました!!

洋食すいす 入口
「洋食すいす」さんです!!

すいすさんは「メンチカツ」がとても大きいことで有名なんですね。メンチカツ以外の料理も比較的量が多めで、不用意に大盛りを頼むとえらいことになります(笑)

洋食すいす 外メニュー
入口にあるメニューにもメンチカツが載っていますね^m^
ということで注文はもちろん「メンチカツ」!でも、初めてだからMサイズでお願いしますm(__)m

メンチカツM
「メンチカツ(M)」(780円)

メンチカツM 拡大
Mサイズでもこの大きさ!!ラグビーボールのように成形されたメンチカツは圧巻のボリューム!

メンチカツ 断面1
揚げたてのメンチカツはアッツアツ!噛めば肉汁がほとばしり、口中に旨味が広がる素晴らしい味わい!そのままでも十分に美味しい!!(●^o^●)

端っこの方でも厚さは1.5cmくらいだ!では、中心はどうか。。。

メンチカツ 断面2
中心部になると2cm近い!!

メンチカツ ソースをかけて
ソースをかけるとコクがプラスされてさらに美味しい!

メンチカツ 芥子を付けて
芥子をつけて食べれば、油のこってり感が取り払われて肉の香りが引き立ちます(*^_^*)


友人と話しながら食べていたので、30分くらいかけてゆっくり完食!最初はその大きさに圧倒されていたけれど、食べてみると意外にすんなりと食べられました。揚げ物なのに胃もたれもなく、非常に美味しくいただけました。ご馳走様です!

次はLサイズかな?でも、他のメニューも食べてみたい!う~ん、迷うぜ(笑)


てな感じで、今日はここまで!ありがとうございましたm(__)m


愛宕神社
東京都港区愛宕1-5-3
TEL:03(3431)0327
FAX:03(3431)0341
リンク:愛宕神社HP

地図
愛宕神社 地図


洋食すいす
東京都港区新橋3-5-13 大興ビル B1F
営業時間: ランチ 11:30~14:30/ディナー 17:00~20:00
定休日:日曜・祝日・第1土曜日
備考:土曜日は昼営業のみ
TEL:03(3501)2722
リンク:食べログ情報

地図
洋食すいす 地図
スポンサーサイト

| ポタしてグルメ発掘!!ホーム |

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://syou0991.blog.fc2.com/tb.php/137-b5fd5941
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)
▲TOPへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。